セックスフレンドがいる女性


セックスフレンドがいる女性を対象に調査したところによると、前に付き合っていた彼氏と別れながらセックスフレンドに変わる場合が多いという。しかし、これとは逆に、古いセックスフレンドが恋人に変わる場合は、非常に珍しい。また、女性がセックスフレンドにしたいのは、物理的な行為だけでなく精神的、金銭的な面にわたって多様し、この中には、それぞれ用途別に複数のセックスフレンドを持っている女性もいた。

女性のセックスフレンドのタイプを見てみると

※恋人ほど好きではありませんが、「ほぼ恋人」に近いタイプ

※自分の話をよく聞いてくれて、その延長線上でセックスも一緒にする「ほぼ友達」タイプ

※いつでもおいしいものを得、食べることができる「昔でいうメッシーまたはパトロン」タイプ

※セックスが主目的で用(?)が終わるとすぐに別れる「ほぼ性ツール」に近いタイプに分類して見ることができる。

これらの4つのセックスフレンドタイプのうち、10代後半から20代前半の若い女性がセックスフレンドに挙げる最初のタイプは、ほとんど友人に近いか、または自分の経済事情では行くことができない素晴らしいところへ連れて行ってくれることができるパトロンのような男性を望んでいることが分かった。

スタイル面では、まず最初に顔を挙げており、次にお金が多いか、あるいは何か得ることが多く、人間性のいいセックスフレンドを挙げた。また、セックスフレンドであるだけに、様々なセックスを駆使することができるかどうかも条件の一つで逃さなかった。

一方、一番嫌いなセックスフレンドのタイプには、体から臭いがしたり、親しくなれば、すぐに恋人のふりをしようとする人、相手と自分の関係はただのセックスフレンドにすぎないのに説教じみたタイプの人を挙げた。 女性の職業が安定であるという事実を知った後、一方的に女性に依存してくる男性や、親密度が高まり、ますます愛撫過程を省略し、すぐに「本題」に入る人、しつこく連絡するか、誰ともセックスする男もお断りですと言い切った。

最近では、セックスフレンドを持つことが次第に普通のことになって、個人の好みや都合に応じて、ますます独特の選択基準が提示されている。 このような「上級者」の場合、有名人をセックスフレンドに一番好むと答えた。相手が普通の人の場合には、同じ職場で働いたり、住んでいるところが近い人が最高のセックスフレンドの条件に選んだ。 セックスフレンドになったりは難しい、このような女性たちの様々な条件と要件を継続満足させることも非常に難しいようだ。