理想的なセックスフレンドやセックスパートナーとは?


※セックスパートナー(ステイ・フレンズ)との理想的な関係とは感情的に動揺せず、ただ軽くセックスだけすることにより、お互いの性的欲求を満たすものである。たとえば恋人と友人関係との間の境界が曖昧な時があるが、いくつかの基本的なルールだけ守れば、誰も傷つかない関係を持つことができる。セックスパートナーを作成する方法が知りたい場合は、ただ心をクールにすることが大事。

理想的なセックスフレンドとは?

※1 感情的に安定しており、何でもすることができ、特にセックスパートナーになることにも大きく意に介さない、冒険精神がある人がいい。

※2 ベタベタしないタイプがよく逆に以下のようなタイプはセックスフレンドには不向き

・その人が過去の友人や元恋人によく “しがみつく”人と聞いたなら、セックスパートナーにはならないほうがいい。

・友達が少なく趣味もよくせずに単調な生活を続けていく方であれば、関係を開始すると、あなたと多くの時間を過ごすことになる可能性が大きい為、感情移入されやすいので不向き。

・過去にあなたが好きだった人であれば、セックスパートナーには適切ではない。自分が相手を本気で好きになってしまう可能性がある為。

※3 重要なのは、「好感」だけ、「本気で好きな」そんな気持ちではない。

一緒にいると可愛く面白いと思った人であればよい。友達とビーチに遊びに行ったときに一緒に時間を過ごす程度の感情の人であればちょうどいい。

セックスパートナーを探しているのであって、将来の夫や妻を選ぶのではない。もちろんデートをしたい人を選ぶかもしれないが、最終的にはその人を好きになることがあるので注意する。どちらかに恋愛感情が出たら関係が破綻しやすい。目的はお互い、ただセックスのみが必要なだけである。

※4 例えば5歳の時から知っていた、古い友人の一人とセックスパートナー関係を結んではいけない。もし関係が終わったとして、この後がとてもぎこちない関係になる恐れがある。

※5 以前にセックスパートナー関係の経験がある人を探そう。もし彼または彼女がエッチの技術が素晴らしいという噂を聞いた場合、さらに良い。セックスが主な目的である関係であるため、セックスが上手なほど良い。

※6 ルールを定める。ルールを定めると誤解や揉め事なく無難なセックスパートナー関係を継続することができる。ルールを定める時、以下の例示を参考にしよう。

・デートはしないという事実を明らかにする。ただ楽しみのための関係でしかない。他の人と肉体関係を持っても罪悪感を感じる必要はない。

・会う回数を制限する。週に2〜3回、できれば夜の時間帯が良い。毎日会うと、デートになる。

・お互いのどちらかが恋愛感情を抱いたり、感情に変化を感じたら関係を終える。互いにまたは同時に発展した感情を持つようになったわけでなければ、どちらかが相手を好きになった場合セックスフレンド関係を終える。

※7 会話をする。セックスパートナー関係が自然に進行すると、相手との対話を通じて関係がよく流れるようになる。互いに好感を感じますが、真剣な恋愛感情がないことを確認する。他の人と肉体関係を持ったとしても、これに対して、互いに気にしないように話を取り決め明確にする。関係を維持するためにこれらは事前に対話を通じて適切な線を引く必要がある。

※8 自分以外の誰かに相手が恋愛感情を抱いたりセックスしたとしても気にしない。セックスパートナー関係は負担がない。したがって、他の人に会っても構わない。セックスフレンドが他の誰かと性交をしたりすれば、その人と恋人関係になることもあるという事実を忘れないように。

最後にセックスパートナー関係が終わる主な理由は以下の通りである。

一人の感情が発展するか、またはお互いやそのどちらかが別に真剣にデートをしたい人が現れたり、あるいは二人ともセックスフレンドとしての関係をしたくないときである。

万が一、相手とお互い恋に落ちたならば、ただ心を置いて、その人との関係を続けて楽しもう。

これらを参考に理想的なセックスフレンドを見つけてください。


Comments are closed